ニキビ治療の色々

結婚式の日

思春期になると顔にニキビが出来安くなってしまいますが、今では皮膚科で治療を受けることによって治すことが出来ます。そこで昔の時代の人は、いったいどのようにしてニキビ治療を行っていたか歴史の流れをみていきます。 日本では平安時代からニキビについて悩んでいた方がいたとされていますが、具体的な治療法が発見されたのは19世紀ごろになってからです。この時代は医学についての研究が盛んでもあり、それによって硫黄という成分が注目をされるようになります。硫黄には炎症や痛みを抑える作用があると発見されるようになり、この頃からニキビ治療に使われていたとされています。こうした過去の治療の流れが現代に引き継がれており、研究の末今ではレーザー治療や塗り薬による治療法が発見されています。

皮膚科の診療内容としてニキビ治療を行うものがあり、特に若い世代の方に多い病気となっています。そのため今では皮膚科はかかせないクリニックとなっていますが、これが今後どのように変化していくかを予測していきます。 厳密にはニキビ治療に関しては皮膚科だけではなく、美容皮膚科や美容外科でも行える形となっています。ですがこれらのクリニックでは保険適用外となるため、ニキビの症状の場合には保険適用される皮膚科を利用する傾向があります。皮膚科を利用すれば医療費も安く抑えられるだけでなく、ニキビの再発防止の薬も処方してくれることが多いです。なので多くの方にとって皮膚科でのニキビ治療に関しては、需要については今後も上昇していくことが予想されます。